フィリピン留学 30代

 

30代女性「英語はもう遅い?」

 

私は2014年にフィリピン留学を3ヶ月間しました。20代の頃から英語を身につけようと思っていて、英会話学校に通ったこともあります。あまり続かず英語の勉強もモチベーションが上がらず、中途半端な状態で30代になってしまいました。

 

私は一応、英検2級を持っていますが、全く話せるレベルではありません。中途半端に勉強しているので、外国人の話もほとんど聞き取れない状況でした。

 

仕事して、ある程度のお金がありました。今の仕事はもういいかな、と思った時に、フィリピン留学をして自分を変えたいなと思ったのが、留学のきっかけでした。30代ということもあり、ちょっと遅いかなっと思ったのですが、人生一度きりだと考えました。

 

英語ができるようになるために、アメリカ留学も考えていました。しかし費用の問題があったり、フィリピンの方が物価が安かったりするので、フィリピンの方が値段も安く、お金のことがあまり気にならないと思ったのが選んだ理由です。

 

その他にも理由があります。アメリカでは日本人通しで固まってしまって、英語がまったく上達しなかった人が多い、という話を聞いています。アメリカ留学だとデメリットも多そうだったので、スパルタ式で教えてくれるフィリピンの留学のほうが、英語の上達には好ましいと思っていました。

 

フィリピン留学で感じたことは、ものすごく勉強させるなといった感想です。TOEICを毎週のように試験があって、試験勉強を普段からしていた感じです。おかげで、毎回、試験で900点オーバーの得点をたたきだせるようになりました。

 

TOEIC自体があまり難しい内容でないので、本気になって勉強すれば、できるんだなと実感しました。日本国内にいたら、こんなに勉強しないでしょう。

 

私の通ったスクールでは、学校では日本語を使えません。そのため無理やりにでも英語を使わなければいけない状況が出来上がっていました。話せなくて、もどかしい思いをしたことがあります。先生はとても厳しい人で、怠けていると怒られます。わからないところを教えてほしいと聞いてみると、親切に答えてくれるのでうれしかったです。

 

3ヶ月はあっという間でしたが、TOEICも150点伸びたしスピーキングも一気に伸びたと感じます。自分の英語力が伸びたと実感できるのは、帰国後かもしれません。語学はジワジワ伸びるものだからです。

 

フィリピン留学で私の通ったスクールは、とても厳しいスパルタ式でした。勉強は大変でしたが、同じクラスの女の子と知り合いになったりして今でも友達づきあいをしています。一緒に厳しい勉強していい思い出になりました。

 

今では何の苦もなく英語を話せるので、苦労してよかったなと思います。自信もつきました。国内で中途半端に英語を勉強するより、フィリピン留学をしてよかったと思っています。