フィリピン留学 アメリカ留学

【失敗する人続出】フィリピン留学とアメリカ留学を体験比較

 

今日は、ニューヨークでアメリカ留学を体験したことの話しをします。

 

ニューヨークには2013年の2月に1ヶ月間行きました。マンハッタンに韓国人系が経営する学校を、現地に住んでいる日本人の友達(フィリピン留学していた人に紹介されたのでいってきました。

 

そこで1ヶ月間体験して感じたことを書いていきます。

 

フィリピンとアメリカを比較

アメリカ留学とフィリピン留学の圧倒的な違いは、料金と授業スタイルです。普通に生活していたら1/4の差がでてきます。ほんとフィリピン留学を経験してしまったら、アメリカは物価がもの凄く高く感じます。

 

フィリピンで小腹がすいたらマーケットに行き、50円くらいのフルーツやパンでおなかいっぱいになります。アメリカだとそうはいきません。少しお腹を膨らまそうと思えば、ホットドックが200円します。スーパーにいったらもっと値段がかかります。

 

 

この差額が積み重なっていくと、とんでもない差ができてくるということはイメージできると思います。そして、移動するのも値段が高いのでお金を重点置く人は厳しいかもしれません。

 

アメリカ留学のいいところ

 

アメリカ留学のいいところは、リアルなアメリカ英語に触れる機会が多いことです。さすがにニューヨークとあって世界の国際中心都市です。世界中の人が集まるので、世界中で伝わる発音や英語が必然的に身についていきます。

 

ギターで例えるなら周波数を合わせるためにチューニングしているような感じです。(ギターのことを知らない人はスルーしてください)

 

また、志を持ってるいる人がとても多いので刺激になります。私が出会った中国人の20代後半の女性は、一流のオペラを目指すためにニューヨークで勉強しているといっていました。他にも日本人で一流のダンサーになるという人もいました。

 

そんな人たちと、普通生活してて出会えるのだから、物凄く人生経験が増えます。

 

フィリピン留学でもそういった人たちがいるのはいます。ただ、アメリカ留学に比べると少ないですね。

 

アメリカ留学のダメなところ

私が感じたアメリカ留学でダメだと思ったところは、授業スタイルにあります。私が通っていた学校の授業スタイルは、少人数制で先生1人に対し生徒が3人いる感じでした。

 

生徒は、年配のカナダ人(フランス語しかできない人)と、メキシコ人、それと韓国人の女の子でした。

 

授業時間は50分間。

 

授業用の紙が渡され、毎回トピックに沿った授業が進められます。語学力は全員同じなのですが、年配のフランス人が話す英語の速度が遅い!ゆっくり考えながら話すので、なかなか授業が進みません。

 

時々フランス語がでてくるので笑う場面もありましたが、みんなイライラしている感じでした。国際色豊かなメンバーなので、それぞれの独特の発音が聞き取れるようになるはいいかもしれません。

 

ただ、料金と質を考えると日本の英語学校とあまり変わらないような気がしました。フィリピン留学はマンツーマン授業なので、自分の速度で合わせて進みます。なので、あのスピード感を知ってる人にはストレスがたまることでしょう。

 

フィリピン留学のダメなところ

フィリピン留学のダメなところは、学校により生徒の意識が違うということです。これは学校のホームページやエージェントの紹介の仕方が悪いためです。

 

ある学校は、英語学習に意識をおく生徒たちが集まる学校。片方は、フィリピン留学は、遊びに行くためにきた。英語はおまけ!っていう生徒が集まる学校です。

 

この2つに分かれます。

 

正直、私がスタッフで色んな学校を回るまでは、このことに気づきませんでした。私は前者の英語学習に集中する人たちが集まる学校だったので、後者の遊び人が集まる学校の存在を知ったときは衝撃でした。

 

悪いことではありませんが、学校選びをするときはその点を気をつけないと英語が話せないまま無駄な時間を過ごすことになります。

 

両者の見分け方ですが、学校経営者さんが書いてるツイッターのコメントや、匿名での体験記や口コミでだいたいの分類に見分けることができるので、参考にしてください。

 

フィリピン留学のいいところ

フィリピン留学のいいところは、マンツーマンレッスンに集約されるのではないでしょうか。英語の学習する上で、英語を話す時間が長ければ長いほど伸びていきます。

 

女の子は小さいときからお話しが好きです。なので、子供の語学力の習得は男の子より女の子が早いのもこのためです。圧倒的に話している時間が違うので、英語でも習得が早いのは女性になります。

 

男性の場合、基本的に言葉を話さない人が多いため、少人数制の英語学校にいっても女性に比べて話すことがほとんどありません。

 

マンツーマンレッスンだと、先生との対話になるので必ず話しかけられた、話しを返さなければいけません。なので英語を話す=会話になります。

 

少人数制だと、相づちや短英文だけでokですがマンツーマンだとそうはいきません。

 

アメリカ留学かフィリピン留学か

アメリカ留学

 

  • お金がたくさんある人
  • 人に声をかけるのが平気な人
  • コミュニケーションが好きな人
  • 勉強が嫌いな人
  • 本場じゃないといやな人

 

フィリピン留学

 

  • 節約したい人
  • しっかり文法を学びたい人
  • 強制的に話す場がほしい人
  • 南国のフルーツをたくさん
  • 英語超初心者〜中級者

 

 

こちらの記事もよく読まれています