フィリピン留学 危険

フィリピン留学に行く女性の特徴と危険タイプは?

 

基本的にフィリピン留学に行く女性は行動力のある人が多いです。
なので、後先考えずにフィリピン留学を申し込む人がいます。

 

出発直前になってフィリピンの情報を集めていくうちに、
女一人でフィリピン留学は危険…っと考え出し、不安の日々を過ごしている…。
っていう人からたくさん相談を受けました。

 

その中でも特に多いのが、空港から学校までの移動をどうするかっていうことです。
フィリピン留学をする女性は、普通エージェントを通しているはずなのですが頼ない人もいます。

 

結論を先にいうと、初めてフィリピンに行くなら、日系の旅行会社にタクシーを頼みましょう。
行った事もない国に不安を持つことは仕方ないですが、私がいくらアドバイスしても不安は絶対なくなりません。

 

 

フィリピンではネモトトラベルという日本人女性が経営している旅行会社が有名です。
数百円をチケるくらいなら、数千円出して安全と安心を買ったほうが、はるかにお金の使い方は正しいです。

 

以前までは、セブのタクシーは安全ということも耳にしていましたが、最近ではそうでもなくなったそうです。
反対に、マニラの空港タクシーは日中夜問わずやはり危ないです。

 

私も、マニラの英語学校をしていましたが80%の確立でトラブルがありました。
比較的安全といわれるイエロータクシーでもチップの要求がありました。

 

フィリピン留学生活で女性一人は危険?

 

次は生活面です。私は男なので詳しい女心はわかりません。
よく相談にあるのは、女性特有の社会に悩まされる人が多いです。

 

恋愛だったり、年上のほうが偉い、気にくわない…学生生活で体験された方には想像しやすいと思います。

 

男女関係ないことですが、生活面で問題になりやすいのが男女トラブルです。
特に同じ屋根の下に男女が生活する場合、その恋愛トラブルはよく現れます。

 

他の人の恋愛に口を挟むことではありませんが、恋愛は留学を失敗させる危険性があります。

 

フィリピン留学は毎日英語の授業をがあるため、ストレスがたまるものです。
それに加えて、先ほど言った女性社会のストレスだったり、恋愛のストレスがあると勉強に集中できません。

 

私のおすすめは、目的を見失わないために、なんで留学するのかノートに書いておくことです。ほとんどの人にとって、英語を話すようになることが留学する目的だと思います。

 

留学する人は、一生懸命働いて貯めた、貴重なお金と時間を自己投資することでしょう。
近寄ってくる男性の多くは、下心が目的です。いかに女性を口解くかにエネルギーを掛けています。

 

そういった罠に嵌められないことを祈ります。

 

 

フィリピン留学の女性一人の街歩きは危険?

留学の楽しみに一つは、待歩きですよね。

 

バギオ・セブ・マニラなどどこの地域も同じですが、
始めの1週間くらいは友達と一緒に待ち歩きをするといいです。

 

すぐに友達ができるので大丈夫です。
少しづつ現地に慣れていきましょう。

 

注意するポイントは次のことです。

 

カメラを首に掛けない

 

フィリピンは貧しい人が多いです。なのでカメラを首や肩に下げながら歩くのは危険です。
後ろからバイクで取られます。犯罪のターゲットになるので撮影以外はカバンにしまいましょう。

 

 

ショルダーカバンの紐は短めに。

ショルダーカバンの紐が長いと切られる恐れがあります。
なのでカバンと身体を密着させるタイプが望ましいです。
カバンは、前向きに首を通して歩きましょう。
ペットボトルも入るタイプだと便利です。

 

夜遊びしない。

 

どこの国でも夜に外出するのは危険です。犯罪者が活動する時間帯は夜だからです。
フィリピンはクラブで結構盛んです。クラブに行くときは必ず複数人でいきましょう。

 

綺麗な服は着ない

 

日本人女性とフィリピン女性は、そこまで違いはありません。
ただ、日本で着ているような綺麗な服だと魅力的に映ります。
そうなると、目立つし日本人だとわかるので、なるべく質素な服装がいいです。

 

 

住んでいるところを教えない

 

当たり前ですが、知らない人に学校を教えたり、泊まっているホテルを教えてはいけません。
なぜなら、しつこいからです。ホテルのフロントからの電話を使って永遠に内線で電話をかけてくることでしょう。
ホテルスタッフと手を組んでいることもあるので、住んでいるところを聞かれても絶対教えてはいけません。

 

 

海外の友達を作りたいからといって、声を掛けてくれる人に安易についていったら犯罪に遭うには時間の問題です。
特に、セブやマニラ、ボラカイなの大きな都市で、声を掛けてくる人は100%裏があります。

 

友達を作りたかったら、先生と友達になりましょう。
もしかしたら、先生の友達を紹介してくれるかもしれません。

 

 

もし困ったら??

 

道に迷ったり、お金が足りなくなった…と困ったたら、カップルや優しそうな女性を探しましょう。

 

フィリピン人は、キリスト教を信仰している人が多いです。
聖書には、困っている人がいたら施しましょう。と書かれているため、助けになってくれます。

 

私も、間違った街に行ってしまい、タクシーで戻りたくてもお金が足りないときがありました。
たまたま通りかかった女性に事情を話すと、タクシー代を出してくれました。

 

「後でお金を返すので、連絡先を教えてください」と言ったのですが、他に困ってる人を
見つけたら助けてあげて。と言われて断られました。

 

なので、困ったことがあれば、優しそうな家族連れ・女性を探すといいでしょう。

 

 

 

⇒私のフィリピン留学に襲ったトラブルはコチラ